コンピュータサイエンスって何?初心者のための学習ガイド

コンピュータサイエンス とは

最近よく聞く「コンピュータサイエンスとは何だろう?」と疑問に思っていませんか?

この記事では、コンピュータサイエンスとは何か、その主な研究分野と歴史、そしてこの分野のキャリアを追求するために必要なスキルについてご紹介します。

また、ビジネスにおけるコンピュータサイエンスを活用できる機会についても説明します。コンピュータサイエンスについてもっと知りたいと思っている方はぜひ読んでみてください。

コンピュータサイエンスとは?

コンピュータサイエンスとは、コンピュータがどのように動作し、コンピュータで何ができるかを研究する学問です。

幅広い分野で活用され、現在急速に成長している分野であり、今後はより多くの企業が取り入れていくでしょう。また国の政策でもIT技術革新を推し進めているため、高校大学でもカリキュラムとして取り入れられており、今後目に触れる機会がどんどん増えていくと思われます。

コンピュータサイエンスが扱う分野は幅広く、とても複雑です。しかし理解しやすいように小さなパーツに分解することができます。コンピュータサイエンスを真剣に学びたいのであれば、まずは本や大学、オンライン学習サイトなどでそのコンセプトをよく理解することから始めてみてください。想像より多くの分野で活用されていることに驚くかもしれません。

コンピュータサイエンスの主な研究分野

コンピュータサイエンスの主な研究分野は、アルゴリズム、データ構造、ハードウェア開発、ソフトウェア開発、データ処理、コンピュータグラフィックス、プログラミング、ソフトウェア設計などがあげられます。

また人工知能や機械学習、データサイエンス、サイバーセキュリティなどもその分野に含まれており、もはや単なる学問ではなく、私たちの生活におけるあらゆる分野で活用されています。

コンピュータサイエンスは、数学と基本的なプログラミングの基礎に基づいているため、その基礎を抑えていないと、より複雑な分野を学ぶことができません。したがって、コンピュータサイエンスの学習で成功するためには、まず数学と基本的なプログラミングの基礎をしっかりと身につけることをお勧めします。

コンピュータサイエンスの歴史とその発展

コンピュータサイエンスは、20世紀初頭に誕生した比較的新しい分野の学問です。

初期の頃は、アルゴリズムやデータ構造の開発を主な対象としていましたが、時が経つにつれ、プログラミング言語から人工知能に至るまで、より幅広いテーマを含むようになりました。

コンピュータサイエンスのルーツは、数学と論理学にあります。この分野の初期には、弾道計算に使われたENIACのように、最も重要なコンピュータの多くが戦争目的で作られました。しかし、冷戦が終結すると、コンピュータサイエンスはより平和的な追求のために利用されるようになりました。

コンピュータサイエンスの初期の最も重要な発展の1つは、プログラムをメモリに格納して実行できるストアードプログラムコンピュータの誕生です。これにより、コンピュータはより多機能になり、研究開発にも新たな可能性が生まれました。

20世紀後半には、コンピュータサイエンスは医学から経済学まで幅広い分野に応用されるようになり、現在では、ほとんどすべての分野の研究開発に欠かせないものとなっています。

世界で活躍するエンジニアにとって必要なスキル

シリコンバレーやGoogleやApple, Facebookのような世界トップ企業で活躍するエンジニアにとって、コンピュータサイエンスの知識は必要不可欠です。特にその分野で活躍するには以下のスキルが必要だと言われています。

  • ソフトウェア開発技術
  • システム管理
  • プログラミング
  • データ管理や分析
  • アルゴリズムの開発と利用
  • コンピュータやテクノロジー全般

これらのような適切なスキルを持っているかによってキャリアに大きな差が生まれることが予想されます。希望のキャリアを手にするためには、適切なリソースを用いて体系的にコンピュータサイエンスを学習する必要があります。

コンピュータサイエンティストが企業で果たすさまざまな役割

コンピュータサイエンスを習得すると、テクノロジーに依存するあらゆるビジネスにおいて重要な役割を担うことができるでしょう。ソフトウェア開発からシステム管理、データ分析まで、その分野は多岐にわたります。

さらに、新しい技術に貢献したり、データを効率的に処理するためのより良いアルゴリズムを設計したりすることもできます。

コンピュータサイエンスのキャリアは、新しいソフトウェアの設計や開発、大量のデータを管理するシステムの構築、または人々がテクノロジーをより効果的に使用するための支援に関わることができます。これに加えて、コンピュータサイエンスのキャリアでは、多くの場合、優れた問題解決能力とコンピュータやソフトウェアを扱うことが要求されます。

コンピュータサイエンスを学習するおすすめの方法

コンピュータサイエンスについて学びたいと思ったら、まず、どのレベルの学習が自分に合っているかを判断することが大切です。

自分の経験やこれまでの知識によって、始められるレベルは様々です。基本的なレベルとしては、データ構造、アルゴリズム、人工知能/機械学習などがあります。

これらの基礎知識をしっかり身につけたら、ネットワーク、ソフトウェア開発、Web開発など、より高度なトピックを探求してみるのもよいでしょう。企業の技術ブログや、ソーシャルメディアを活用することで、コンピュータサイエンスの最新のトレンドや開発状況を知ることができます。

さらに、自己学習を続けることは、どの分野でも常に一歩先を行くための最良の方法なので、新しいことを学ぶときは、実験することを恐れず、さまざまな戦略を試してみてください。

  1. コンピュータプログラミングの基本を理解することから始める。
  2. コーディングの基本を理解したら、特定のプログラミング言語を学び始める。例えば、フロントエンド開発者を目的がすでにあれば、HTML, CSS, JavaScriptを学ぶとよいでしょう。
  3. コンピュータサイエンス学習者のオンラインコミュニティに参加する。これにより、リソースを見つけ、質問をし、進捗状況についてフィードバックを得ることができます。
  4. メンターを見つける。メンターは、コンピュータサイエンスをより早く習得するのに役立ち、どのリソースを使用するか、どのように学習を進めるかについて指導を受けることができます。
  5. コンピュータサイエンスの最新動向を常に把握する。これは、業界のニュースを追いかけ、技術記事を読み、カンファレンスやミートアップに参加することで可能です。

コンピュータサイエンスを始めたばかりの初心者におすすめのプログラミング言語について、詳しく知りたい方は以下の動画を参照してください。

まとめ

この記事では、主な研究分野、コンピュータサイエンスの歴史、そしてコンピュータサイエンティストに不可欠なスキルについて説明しました。

コンピュータサイエンスは、あらゆる規模の企業のコンピューティングニーズに対応できる、重要かつ急成長している分野です。コンピュータサイエンスの基本を理解することで、この分野での学習や仕事に十分対応できるようになります。

このガイドが、コンピュータサイエンスとは何かを理解し、このキャリアパスを追求するために何を勉強する必要があるかについて、より良いアイデアを提供する助けになれば幸いです。ご質問やご意見がありましたら、お気軽に下記にご記入ください。