コンピュータサイエンスとプログラミングの違い

この記事では、コンピュータサイエンスとプログラミングという2つの分野を深堀り、両者がどのように連携しているのかについて解説します。

コンピュータサイエンスは何を勉強する?

コンピュータサイエンスは、コンピュータと計算システムの研究であり、ソフトウェアの理論、設計、および応用を含みます。具体的にはアルゴリズム、データ構造、コンピュータアーキテクチャ、オペレーションシステムなど、幅広いトピックを網羅しています。

コンピュータサイエンスの目標は、コンピューティングの基本原理を理解し、実世界の問題を解決するためにそれらをどのように適用するかを理解することです。

プログラミングは何を勉強する?

一方、プログラミングは、コンピュータに実行させる命令を作成するプロセスです。Python、C++、Javaなどのプログラミング言語を使用して、コンピュータに何をすべきかを指示するコードを記述することが含まれます。プログラマーはプログラミング言語を使って、ソフトウェア、ウェブサイト、モバイルアプリなどを作成します。

プログラミングはコンピュータサイエンスの重要な要素ですが、それだけがこの分野の特徴ではありません。コンピュータサイエンティストは、アルゴリズムや複雑性理論など、コンピューティングの理論的基盤についても研究し、その知識を使って新しいコンピュータシステムを設計・分析します。

コンピュータサイエンスを学ぶと新しい言語の学習コストが下がる

コンピュータサイエンス専攻の学生はさまざまなプログラミング言語を学ぶことが多いですが、決定的な違いは、すべてのプログラミング言語に共通する基本原理と概念についても深く理解していることです。そのため、必要に応じて新しい言語や技術を素早く習得することができます。幅広いプロジェクトや技術に取り組むことができ、就職市場でも高い価値を発揮します。

例えば、コンピュータサイエンス専攻の学生は、データ構造、アルゴリズム、および時間計算量、空間計算量について学びますが、これはどのプログラミング言語にも当てはまる基本的な概念です。また、コンピュータの仕組みやソフトウェアの性能を最適化する方法を理解するために不可欠な、コンピュータアーキテクチャ、オペレーティングシステム、ソフトウェア工学についても学びます。

理論的な基礎に加え、コンピュータサイエンス専攻の学生は、実践的なプログラミング技術とベストプラクティスについても学びます。効率的で保守可能、かつ拡張性のあるソフトウェアを設計し、実装する方法を学びます。また、プログラマーにとって重要なスキルであるテストとデバッグの技術についても学びます。

エンジニアとして働くには、コンピュータサイエンスの学位が必要か?

ソフトウェアエンジニアとして働くには、必ずしもコンピュータサイエンスの学位が必要なわけではありません。コンピュータサイエンスの学位は役に立ちますが、プログラマーになるための道は他にもたくさんあります。

アメリカでは、多くのエンジニアは数学、物理学、工学などの関連分野の学位を持ってこの分野に参入しています。また、文系の学位を持っていても、独学やコーディングブートキャンプでプログラミングスキルを身につけた人もいます。プログラマーの中には、大学の学位を取得せずに、オンラインのチュートリアルやリソース、またはOJTを通じて学習し、この分野に参入する人もいます。

プログラマにとって最も重要なことは、プログラミングの概念をしっかりと理解し、自力で開発する力を持っていることです。会社は学歴よりもスキルや経験に関心を持ちます。

しかし、コンピュータ・サイエンスの学位を持っていると、就職活動で有利になることがあります。コンピュータサイエンスの学位は、この分野の理論的および実践的な側面における基礎を提供するため、複雑なプロジェクトに取り組む際に役に立つことがあります。つまり、基礎をしっかり理解することで応用力を身につけることができるということです。

コンピュータサイエンスを学ぶと仕事内容に影響は出るか?

コンピュータサイエンスの学位を持つエンジニアと持たないエンジニアの仕事内容は、特定の役割や企業によって異なる場合があります。しかし、一般的には、コンピュータサイエンスの学位を持つ人は、この分野のより広い理解を持ち、より複雑な仕事を処理できると認識される傾向にあります。

以下は具体的な違いになります。

  • コンピュータサイエンス専攻を卒業したエンジニアは、新しいソフトウェアや技術の開発に携わることが多く、コンピュータサイエンスの学位を持たないプログラマーは、既存のソフトウェアの保守やアップデートに重点を置くことが多い傾向にあります。
  • コンピュータサイエンス専攻を卒業したエンジニアは、アルゴリズム、データ構造、およびこの分野で重要なその他の理論的概念についてより深い理解を持っている可能性があり、この知識は、大規模なプロジェクトに取り組む際や、パフォーマンスやスケーラビリティの問題に対処する際に役立つことがあります。
  • コンピュータサイエンス専攻を卒業したエンジニアは、複数のプログラミング言語や技術の知識を必要とするプロジェクトに携わる可能性が高く、コンピュータサイエンスの学位を持たないプログラマーは、より専門的な業務スキルが必要な現場で働く可能性があります。

また、コンピュータサイエンスの学位が特定の仕事や職責を保証するものではないことに留意することも重要です。経験、スキル、興味など他の多くの要素が、エンジニアとしての仕事を決定する上で重要な役割を果たします。

コンピュータサイエンスの重要性

コンピュータサイエンスを学ぶことは、優れたエンジニアになるために重要です。なぜなら、プログラミングを含むすべてのコンピュータシステムの基礎となる原理と概念の確固たる基礎を学ぶことができるからです。

アルゴリズム、データ構造、コンピュータアーキテクチャなどのトピックを扱いますが、これらはコンピュータの仕組みやソフトウェアの設計と最適化の方法を理解する上で欠かせません。さらに、コンピュータサイエンスを学校で学習すると、実践的なプロジェクトやグループワークが多く、問題解決、批判的思考、チームワークなどの重要なスキルを身につけるのに役立ちます。

プログラミングだけでは、優れたエンジニアになるには十分ではありません。エンジニアは、コンピュータの仕組みの全体像を理解し、効率的で信頼性が高く、拡張性のあるソフトウェアシステムを設計および実装する方法を理解する必要があります。さらに、コンピュータサイエンスは、人工知能、機械学習、データサイエンスなど、多くの工学分野でますます重要になりつつある他の重要なスキルを学ぶための基礎となるものです。

プログラミングだけでは、コンピュータサイエンスの分野を完全に理解し、マスターすることはできません。