コンピュータサイエンスで年収800万以上もらえる人気の職種トップ5

コンピュータサイエンス 年収

コンピュータサイエンスは、アルゴリズムとソフトウェアの設計、開発、テスト、実装に関わる分野です。技術の進歩に伴い、より多くの人々が豊かな将来を確保するための方法として、コンピュータサイエンスに目を向けています。

注目されるに伴って、需要が増え、得られる年収も増加しています。

この記事では、高収入が得られるコンピュータサイエンスの人気職をご紹介します。やりがいのある仕事を探している人も、単に高収入を得たい人も、これから紹介する5つの職を候補に入れるべきでしょう。

詳しく知りたい方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

コンピュータサイエンスの人気が高まっている理由

近年、コンピュータサイエンスの人気が急上昇しています。

コンピュータサイエンスは、幅広いキャリアの機会を提供する、やりがいのある分野です。適切な資格があれば、ソフトウェア開発、ウェブデザイン、ネットワークエンジニアリング、および情報セキュリティなど、さまざまな業界で働くことができます。

また、コンピュータサイエンスは、私たちの生活のほぼすべての面で活用されており、世界がテクノロジーにますます依存するようになるにつれ、有能なコンピュータサイエンスの専門家に対する需要は増え続けるでしょう。

それに伴って得られる年収が増加していることも人気が高まっている理由の1つです。

コンピュータサイエンスで高年収が得られる人気の職種はどんなものがあるか見てみましょう。

コンピュータサイエンスを学ぶ学生に人気の分野

コンピュータサイエンスは、全米の大学で最も人気のある専攻の1つです。コンピュータサイエンスの分野は急速に発展しており、以下のような派生した分野があります。

人工知能

人工知能(AI)はコンピュータサイエンスの一分野であり、推論し、学習し、自律的に行動できる知的なコンピュータシステムを作ることに重点を置いています。

データベース

データベースは、構造化された方法でデータを保存するために使用されます。これにより、特定の情報にアクセスしたり、データに対してクエリーを実行したりすることが容易になります。データベースは、在庫の管理から顧客情報の管理まで、あらゆる用途に使用することができます。

セキュリティ

コンピュータサイエンスの分野で重要な問題の1つがセキュリティです。この分野の研究者は、コンピュータネットワークやシステムを攻撃から保護するためのセキュリティシステムや技術の開発に取り組んでいます。

グラフィックス

コンピュータグラフィックスとは、コンピュータを使って作成されたグラフィックス、より一般的には、コンピュータによる画像データの表現と操作のことです。コンピュータサイエンスにおける広大かつ最新の分野で、視覚的なコンテンツをデジタルで合成・操作する方法を研究しています。

コンピュータグラフィックスの応用は、エンジニアリング、デザイン、エンターテインメントなど、コンピュータが使用されるほぼすべての分野で見られます。

プログラミング

プログラミングは、コンピュータが特定のタスクや作業を実行するために書かれた命令列である。プログラムのソースコードを設計し、テストし、保守する行為も含まれます。

アルゴリズム

アルゴリズムとは、あるタスクを完了するために従う命令の集合体です。通常、問題を解決するために段階的なプロセスとして作成されます。アルゴリズムは、様々なプログラミング言語を使って作成することができ、数学や科学の計算にもよく使われます。

OS

オペレーティングシステム(OS)とは、コンピュータのハードウェアやソフトウェア資源を管理し、コンピュータプログラムに共通のサービスを提供するシステムソフトウェアのことです。コンピュータのプログラムは、その大きさにかかわらず、最終的にはすべてCPUによって実行されます。

大きなプログラムは、小さなプログラム(モジュール)に分割されることが多く、複数のCPUを搭載したコンピュータでは並列に実行されることがあります。どんなに小さなコンピュータでも、何らかのオペレーティングシステムを搭載しています。

ネットワーク

ネットワークとは、データやリソースを共有するために互いに接続されたコンピュータやその他の機器のシステムです。ネットワークには、数台のデバイスで構成される小規模なものから、数千台のデバイスで構成される大規模なものまであります。

コンピュータサイエンス専攻者の年収800万以上職種ランキング

コンピュータサイエンスの学位を取得すると、さまざまな高収入のキャリアにつながる可能性があります。ここでは、コンピュータサイエンスの学位保持者の年収中央値を見て、年収800万円以上の報酬が得られる5つの職種を紹介します。

ソフトウェア開発者の年収

ソフトウェア開発者は、ソフトウェアアプリケーションの開発・保守を担当する仕事です。

労働統計局のデータによると、米国のソフトウェア開発者の平均年収は10万7,000ドルですが、この数字は経験や場所、その他の要因によって大きく異なります。

長年の経験を積んだソフトウェア開発者は、簡単に6桁以上の収入を得ることができます。例えば、Googleで8年の経験を積んだシニアソフトウェアエンジニアの年収は17万2,000ドル以上になります。また、ソフトウェア開発者の給与が最も高い都市、サンフランシスコでは、平均給与はさらに高く、年間11万8000ドルです。

もちろん、すべてのソフトウェア開発者がこれだけの収入を得ているわけではありません。実際、下位10%のソフトウェア開発者の平均年収は、わずか5万4,000ドルです。また、ジュニアソフトウェア開発者の年収は約7万9,000ドルと予想されます。

機械学習エンジニアの年収

機械学習とは、データから学習するアルゴリズムの設計と開発に関連するコンピュータサイエンスに付随した学問です。

機械学習エンジニアとは、機械学習アルゴリズムの開発・応用を専門とするプロフェッショナルであり、機械学習を利用してビジネス上の問題を解決したい企業にとって、非常に需要が高いです。

Glassdoor.comによると、機械学習エンジニアの年収の中央値は10万2,000ドルです。1~4年の経験を持つ機械学習エンジニアの平均給与は11万6,000ドルで、5~9年の経験者の場合、平均給与は14万2,000ドルに跳ね上がります。

カリフォルニア州のベイエリアで働く人は、より高い収入が期待でき、機械学習エンジニアの平均給与は16万7,000ドルになります。

機械学習の分野は、2018年から2028年にかけて、全職業の平均よりもはるかに速い22%の成長が見込まれています。今後、機械学習エンジニアはますます需要が高まり年収が大きく跳ね上がることが予想されるでしょう。

サイバーセキュリティエンジニアの年収

サイバーセキュリティエンジニアは、サイバー攻撃からデータやシステムを保護する必要のある企業で高い需要があります。コンピュータサイエンスとセキュリティのスキルを駆使し、セキュリティソリューションの設計、開発、実装を行います。

サイバーセキュリティの専門家に対する需要は、サイバー攻撃の増加に伴って増加することが予想されます。組織は、ビジネスの遂行や機密情報の保管をITに依存するようになり、攻撃に対してより脆弱になっています。

サイバーセキュリティエンジニアは通常、コンピュータサイエンスまたは関連分野の学士号を取得しています。また、ネットワークセキュリティや情報セキュリティの経験を有している場合もあります。

米国労働統計局によると、2016年5月現在、サイバーセキュリティエンジニアの年収の中央値は9万5,510ドルです。この職業の上位10%の所得者は14万9,620ドル以上、下位10%の所得者は5万4,430ドル以下となっています。

データサイエンティストの年収

データサイエンティストは、大規模なデータセットを理解する必要がある企業で需要が高く、統計学、コンピュータサイエンス、機械学習などのスキルを駆使し、データのパターンや洞察を見出します。

データサイエンティストとしての年収は、経験のレベル、地域、勤務する会社の規模と範囲、特定の業界などで大きく変わります。

Payscale.comによると、1~4年の経験を持つデータサイエンティストの給与の中央値は9万5,000ドル、5~9年の経験を持つデータサイエンティストの給与の中央値は13万ドルとなっています。

データサイエンティストとしての年収を決定する上で、地理的な位置も大きな要素になります。例えば、サンフランシスコ・ベイエリアのデータサイエンティストの給与の中央値は14万5,000ドル、ニューヨークのデータサイエンティストの給与の中央値は13万0,000ドルとなっています。

また、勤務する会社の規模や範囲も年収に影響を及ぼします。従業員数5,000人以上の大企業に勤めるデータサイエンティストの給与の中央値は12万2,000ドル、従業員数500人未満の中小企業に勤める人の給与の中央値は11万4,000ドルとなっています。

最後に、勤務する業界も年収に影響します。例えば、ヘルスケア業界で働くデータサイエンティストの給与は中央値で12万ドル、金融サービス業界で働くデータサイエンティストの給与は中央値で14万5000ドルとなっています。

ネットワークエンジニアの年収

ネットワークエンジニアは、組織のコンピュータネットワークの設計、実装、および保守を担当します。ネットワークの安全性と効率性を確保するのが仕事です。

ネットワークエンジニアの年収は、5万ドルから10万ドル以上と幅があります。中央値は8万ドルです。

経験豊富で教育レベルの高いネットワークエンジニアは、経験の浅い人よりも収入が高い傾向にあります。また、シスコや他の組織から認定を受けている場合も、認定を受けていない人よりも収入が高い傾向にあります。

会社の規模も給与に影響します。大企業に勤めるネットワークエンジニアは、中小企業に勤めるエンジニアよりも収入が多い傾向があります。また、テクノロジーやテレコミュニケーション業界は、他の業界よりも収入が高い傾向があります。

勤務地によっても差があります。大都市圏で働くネットワークエンジニアは、他の地域で働く人よりも収入が高い傾向があります。

コンピュータサイエンスの人気職に就職するには

人気のあるコンピュータサイエンスの職種に就くのは難しいかもしれませんが、チャンスを広げるためにできることがいくつかあります。

  • 学業成績が優秀であること
  • たとえインターンであっても、その分野で何らかの実務経験を積むこと
  • 人脈を広げ、履歴書やポートフォリオの準備を入念にしておくこと
  • コーディングテスト対策をしておくこと

これらのステップを踏むことで、人気のあるコンピューターサイエンス職への就職の可能性を高めることができます。

まとめ

コンピュータサイエンスはその需要の増加に伴って人気が高まっています。やりがいだけでなく、年収の面でも魅力的な職へ就職できる可能性があるからです。

この記事では、コンピュータサイエンティストとして年収800万円以上の報酬を得られる職種トップ5を紹介しました。