Recursionユーザーの成果物を紹介(2022年4月分)

いつもRecursionをご利用いただいてありがとうございます。運営のShinyaです。

大型連休も終わってお仕事、学業にお忙しいと思いますが、ユーザーのみなさんがRecursionでしっかり学習されていて大変うれしいです。

先月は連休に入ることもあって、チーム開発は実施しておりません。Discordのシェアチャンネルにシェアしていただいたユーザーによる成果物のみをご紹介します。

もちろん、Metaの現役ソフトウェアエンジニアJeffryもコメントしてますので、最後まで読んでくださいね!

シェアチャンネルよりユーザーの成果物紹介

Recursionのコミュニティでは、成果物を紹介できるチャンネルがあります。コンテンツ内のプロジェクトだけでなく、個人で開発したものなどもぜひチャンネル内でシェアしてください。

2022年4月中にシェアされたものの中から、今回は3つ紹介します。

Unityコース PuzzleGame | ラフさん

Unityのゲーム制作を着々と進めているラフさん。今回の作品も高い完成度でした。適度な難易度に設定されていて、実際に遊んでみてとても面白かったです。

シェア日 : 2022/4/30

Project概要/遊び方 : ブロックを壊して、LEVEL10を目指します。ブロックがプレイヤーのラインを越えたらゲームオーバーです。マウスの位置で打つ角度が決まり、左クリックで発射します。

苦労した点 :

  • アニメーションはどう効果的なのか手探りだったこと。「ユーザーが手ごたえを得られるアニメーションが大事なんじゃないか」と思った。
  • ボールを反射するためにブロックの4辺にRigidBody2Dをつけたオブジェクトをつけていたが、アニメーションをつけたとたんメモリを大量に使うようになったこと。4辺を消し、ブロックひとつだけでボールを反射出来るように設計。ボールがブロックに当たった瞬間「ballPosition – blockPosition」を計算して、どっちに反射させたいか決めた。
  • VisualStudioかUnity側が変数名から察して配列の中身を初期化していた。これに気が付くのに時間がかかった。

URL : https://unityroom.com/games/superbreakout

運営からのコメント

Jeffry

I am so happy folks are tackling projects for the quickstart guides. These are meant to be fundamental, and enable you to output that framework. I had fun playing this, and I can imagine what exactly was used to accomplish this app. Great work!

プロジェクト2 Project2 Vending Machine | Hirotadaさん

この課題はみなさん色々と工夫されていらっしゃいますが、動画を入れるという発想はありませんでした。エクササイズ動画のような繰り返し見たり、予め見るものか決まっていたりする動画は、こうやってまとめておくと便利ですね。また次の成果物も楽しみにしています。

シェア日 : 2022/4/27

Project概要/遊び方 :

作業していてChromeのタブを大量に開くので、メモリが食われてPCの挙動が重くなることがよくありました。またYouTubeだと関連動画を見たくなるので、気が散る可能性があります。

埋め込み動画をまとめることで、関連動画を減らし、開くタブも減らせればと思い、作りました。ついでに、AdBlockを使わなくても広告が表示されないです。3種類のエクササイズから選ぶと、JavaScriptに設定してある動画を見ることができます。

作業時間 :

  • 構想 : 3時間
  • 制作 : 17時間

苦労した点 :

特にありませんが、プログラムがとっ散らかっているので改善が必要です。関数でまとめればもっと読みやすくできますし、処理順序を工夫すればもう少し早く読み込めると思います。

デモページ : https://hirotada-t.github.io/MovieList

ソースコード : https://github.com/hirotada-t/MovieList.git

運営からのコメント

Jeffry

Great work on extending the project prompt and bringing your own take. The main focus of this project is to practice events and manipulating what is rendered on screen. The foundation is there, so rendering different videos more dynamically is as simple as retrieving movieList from a server.

Project2 Battery Finder Program | Koheiさん

先月の成果物紹介では、「Vending Machine」に世界の建築物の写真を見ることができるアプリケーションを作っていらっしゃったKoheiさん。関数にきちんと説明のコメントがついていてわかりやすかったです。また次の成果物も楽しみにしていますね。

シェア日 : 2022/4/1

Project概要/遊び方 : カメラのブランド名、モデル型番、アクセサリの消費電力を入力すると、推奨される電池を表示してくれるアプリ。

作業時間 : 2日

苦労した点 :

changeイベントやセレクトボックスの使い方が分からず苦労した。

  • optionの追加
  • デフォルト値の設定
  • 選択された値の取得

URL : https://recursionist.io/share/kohei17/lessoncode/565/htmlRunner1

運営からのコメント

Jeffry

The code here is readable, easy to follow, and well contained. The project prompt is one that pops up many times across apps and site except against different scenarios and kinds of data, so its a good output prompt.

【有料ユーザー限定】チーム開発に参加しよう

Recursionでは、いくつかの条件を満たしたユーザーのみが参加できるチーム開発プログラムがあります。Discordコミュニティで定期的に募集の案内をしていますので、ご興味のある方はぜひご参加ください。参加条件など詳しくはDiscordのチャンネルを確認してください。

※今回はゴールデンウィークによるスケジュール調整のため、延期させて頂きました。