コンピュータサイエンスとプログラミングスクールの学習の違いとは?メリットデメリットで比較

コンピュータサイエンス プログラミングスクール

プログラミングスクールとコンピュータサイエンス関連の学位、この二つの違いを理解していますか?

コンピュータサイエンスとプログラミングスクールでの学習は、どちらもプログラミングのキャリアにつながるものですが、それぞれ独自の長所と短所を持っています。

将来の目標によって変わるので、自分がどちらが適しているかを決定するのは難しいかもしれません。

この記事では、この2つの違いをそれぞれのメリットとデメリットを考慮しながら見ていきます。記事を読んだ後は、将来の勉強について十分な情報を得た上で決断することができるようになるでしょう。

コンピュータサイエンス学習とプログラミングスクールの違い5つ

コンピュータサイエンス学習とプログラミングスクールの間には、以下の違いがあります。5つの違いについて詳しく説明しましょう。

カリキュラムの違い

コンピュータサイエンス学部とプログラミングスクールのカリキュラムは一見似ているように見えますが、実は両者には大きな違いがあります。

一つは、コンピュータサイエンス学部で学ぶのは、より広範で理論的な知識に焦点を当てているのに対し、プログラミングスクールのカリキュラムは、コードの書き方などより実践的なスキルに焦点を当てていることです。

また、コンピュータサイエンス学部では、コンピュータに関連する科目の他、数学や物理も履修しなければならないことがあります。一方、プログラミングスクールのカリキュラムでは、プログラミング言語やソフトウェア開発に関連する科目が多くなります。

費用の違い

コンピュータサイエンスは一般的に大学で履修することが多いため、プログラミングスクールよりも学費が高くなる傾向があります。

授業料だけでなく、より高価な教科書や教材を購入したり、高価なソフトウェアやハードウェアを利用するための費用が必要になる場合もあります。

就職先での違い

コンピュータサイエンス学部卒とプログラミングスクール卒では、就職先が大きく異なります。

コンピュータサイエンス学科卒の学生は、雇用主からの需要が高く、一般的に一流企業に採用されることが多くなります。米国労働統計局の最新の統計によると、コンピュータおよび情報科学の卒業生の就職率は91.6%であるのに対し、他のすべての種類の卒業生の就職率は83.9%となっています。

また様々な分野に応用できるスキルのため卒業生の就職先は幅広く、高い給与を得ることができる場合が多いです。米国労働統計局の最新の数字によると、コンピュータおよび情報科学の卒業生の年間給与の中央値は84,580ドルで、それ以外の種類の卒業生では49,930ドルとなっています。

一方で、プログラミングスクール卒の卒業生はプログラミングのスキルが必要な仕事に就くことが多くなります。コンピュータサイエンスの卒業生ほど需要は高くないかもしれませんが、それでも他業種よりは需要があります。

プログラミングスクールの卒業生は、コードを書いたり、ソフトウェアを作成したりする必要のある仕事に就くことが多く、コンピュータサイエンスの卒業生ほどではないかもしれませんが、高い給与を得ることができます。

その後のキャリアの違い

コンピュータサイエンスを学ぶ学生は、分析力、問題解決力、論理的思考力、コンピュータを効果的に使用するスキルを持っています。

就職先はソフトウェア開発、システム分析、およびデータベース管理などのIT業界が多いですが、そのスキルを活かし、金融、ヘルスケア、および製造業など、他の多くの業界にも転用可能です。

実際、コンピュータサイエンス専攻の卒業生は、他の専攻の卒業生の2倍、就職後1年以内に昇進する可能性があり、コンピュータサイエンスの卒業生は、他の卒業生の3倍も高い仕事満足度を得ているという調査結果もあります。

学習環境の違い

コンピュータサイエンスは通常は大学で履修し、学位取得まで4年かかります。理論的な知識の習得を重視し、アルゴリズム、データ構造、プログラミング言語、離散数学、学生によっては人工知能や機械学習についても学びます。コンピュータサイエンスの学習は、プログラミングスクールのように実践的な経験を積む機会を必ずしも提供しているとは限りません。

一方、プログラミングスクールは、数か月から半年ほどで卒業し、実践的なスキルの習得に重点を置いています。アプリケーションのコーディングや構築の方法を学び、アジャイル開発など、ソフトウェア開発の方法論も学びます。プログラミングスクールは、業界と強いパートナーシップを結んでいることが多く、実社会の経験を積むことができます。

しかし、プログラミングスクールは、コンピュータサイエンスの学校ほど深い理論的知識を提供しているわけではありません。

コンピュータサイエンスの学位とプログラミングスクールのどちらを選ぶべきか

コンピュータサイエンスの学位とプログラミングスクールのどちらを選ぶか決める際、考慮すべき最も重要な点がいくつかあります。

学位を取って何をしたいか

ソフトウェアエンジニアになりたい、または関連分野で働きたいのであれば、コンピュータサイエンスを勉強するほうが有利に働くでしょう。一方であなたがウェブ制作者やアプリ開発者または関連分野で働きたいのであれば、プログラミングスクールを選択するのも一つの手です。

学費

コンピュータサイエンスを大学で履修すると、プログラミングスクールの費用よりも高額になる傾向があります。しかし、コンピュータサイエンスの学生には、多くの奨学金や学資援助の制度があります。

卒業後のキャリア

コンピュータサイエンス専攻の卒業生の需要は非常に高く、当然待遇も良くなります。プログラミングスクールの場合も人気がある職種ですのでそれほど悪い待遇ではありませんが、コンピュータサイエンスのそれと比べるとやや劣る可能性があります。

コンピュータサイエンス専攻のメリットデメリット

コンピュータサイエンス専攻のメリットをまとめると以下のようになります。

  • コンピュータに関連するより深い知識を得られる
  • 高収入で需要のあるキャリアにつながる可能性がある
  • さまざまな業界で仕事を見つけることができる
  • 奨学金、学費補助など制度が利用できることがある

一方デメリットは以下です。

  • 入学審査は競争率が高く合格するのが難しい
  • キャリアに備えるため、広範囲で難しいカリキュラム
  • 学部、大学院と学習を続けると期間がかかる

プログラミングスクールのメリットデメリット

プログラミングスクールのメリットをまとめると以下になります。

  • 特定の言語、技術に特化した知識を得られる
  • プログラマーとしての職につくことができる
  • 短い期間で卒業できる

プログラミングスクールのデメリットは以下です。

  • 短期間の割に授業料が高く、学費援助などの制度が少ない
  • 特定の技術に特化しているため、技術の流行り廃りに影響を受けやすくなる
  • 体系的に学習していないため、応用力が付きづらい

まとめ

この記事では、コンピュータサイエンスとプログラミングスクールの学習の違いについて説明しました。

どちらを選ぶべきなのかは、あなたの目標や興味に依存します。特定の分野に限定し、言語、フレームワークなど限られたスキルを習得したうえで、より早く仕事を手に入れたいのであれば、プログラミングスクールという選択肢も良い選択になるでしょう。

しかしその後のキャリアを見据え、しっかりとした基礎知識を得ておきたいならコンピュータサイエンスを学ぶべきです。その後の待遇やキャリアアップの機会が大きく異なるからです。

どちらを選ぶにしても利点と欠点を考慮し、自分に合った道を選択できるよう正しい情報を手に入れて比較しましょう。この記事があなたのキャリアへの決断の手助けになることを祈っています。